納得できる割引 「キャノン(2011年版)」技術開発実態分析調査報告書-経営戦略・管理

納得できる割引 「キャノン(2011年版)」技術開発実態分析調査報告書-経営戦略・管理!

納得できる割引 「キャノン(2011年版)」技術開発実態分析調査報告書-経営戦略・管理!


■パテントテック社 

■編集者:インパテック株式会社
■発刊日:2011年8月20日
■資料体裁:A4版、全199頁、簡易製本
■ISBN:978-4-904967-61-4




★他社の技術開発の実態を把握し、勝ち抜くためのエッセンス

■本誌の特徴等
1.調査目的
 「キャノン」に関する公開件数、発明者、および特許分類などに対し、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、
 (1)「キャノン」にどのような技術の公開があるか、
 (2)「キャノン」の技術開発動向はどのように推移しているか、
 (3)「キャノン」が最近注目する技術は何なのか、
 (4)「キャノン」と共同出願人間の連携状況はどのようになっているか、
等を明確にして、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

2.特許情報の収集と処理
 本調査報告書は、「キャノン」に関する過去7年間(国内公開日:2004年1月1日~2010年12月31日)に及ぶ公開特許について、「特許検索ASPサービスSRPARTNER」((株)日立情報システムズ 製)を使用し、検索、収集した。また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト 「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。特許情報公報の総数は61,816件である。

3.報告書の構成
 本報告書は、以下の三つの部分から構成されている。

1.パテントマップ編
 A.技術開発成果(特許公開件数の状況)
 B.技術開発リソース(発明者の活動状況)
 C.技術開発分野(特許分類)の分析
 D.共同出願人分析

2.パテントチャート編

3.総括コメント

 ●「キャノン」の技術動向が分かりやすく把握できる
 ●パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい
 ●パテントマップViewer(添付ソフト)により、パテントマップおよびパテントチャー
   トの当該部分に含まれる特許の詳細内容を調べることができる



はじめに

調査分析結果

1.パテントマップ編
A.技術開発成果(特許公開件数の状況)
 A-1.公開件数の推移(年次と累計)

B.技術開発リソース(発明者の活動状況)
 B-1.発明者数の推移(年次と累計)
 B-2.新規発明者数の推移( 〃 )
 B-3.発明者別公開件数比較(上位20)(期間着目:2期間)
 B-4.発明者別公開件数グロスランキング(上位20)
 B-5.発明者(上位20)とFIメイングループ分類(上位20)の公開件数相関
 B-6.発明者の公開件数*FIサブグループ分類数の比較(上位20)

C.技術開発分野(特許分類)の分析
 C-1.分類数
  C-1-1.新規FIサブクラス分類数の推移(年次と累計)
  C-1-2.新規FIメイングループ分類数の推移( 〃 )
  C-1-3.新規FIサブグループ分類数の推移( 〃 )
  C-1-4.新規FI分類数の推移( 〃 )
  C-1-5.新規Fタームテーマコード分類数の推移( 〃 )
  C-1-6.新規Fターム分類数の推移( 〃 )

 C-2.分類別公開件数
  C-2-1.1位Fタームテーマコード(5B021)の件数技術分類マトリクスマップ
  C-2-2.FIサブクラス筆頭分類別公開件数比較(上位20)
      (期間着目:2期間+全体)
  C-2-3.FIメイングループ分類別公開件数比較(上位20)
      (期間着目:〃)
  C-2-4.FIサブグループ分類別公開件数比較(上位20)
      (期間着目:〃)
  C-2-5.FI分類別公開件数比較(上位20)(期間着目:〃)
  C-2-6.Fタームテーマコード分類別公開件数比較(上位20)
      (期間着目:〃)
  C-2-7.Fターム分類別公開件数比較(上位20)(期間着目:〃)
  C-2-8.FIサブクラス筆頭分類別公開件数ランキング(上位50)
  C-2-9.FIメイングループ分類別  〃(上位50)
  C-2-10.FIサブグループ分類別  〃(上位50)
  C-2-11.FI分類別  〃(上位50)
  C-2-12.Fタームテーマコード分類別  〃(上位50)
  C-2-13.Fターム分類別  〃(上位50)
  C-2-14.FIサブクラス筆頭分類別公開件数の伸長率(上位50)
  C-2-15.FIメイングループ分類別  〃(上位50)
  C-2-16.FIサブグループ分類別  〃(上位50)
  C-2-17.FI分類別  〃(上位50)
  C-2-18.Fタームテーマコード分類別  〃(上位50)
  C-2-19.Fターム分類別  〃(上位50)
  C-2-20.FIサブクラス筆頭分類別  〃
      (公開件数上位40、累計)
  C-2-21.FIサブクラス筆頭分類別 〃(伸長率上位40、累計)
  C-2-22.FIメイングループ分類別 〃
      (公開件数上位40、累計)
  C-2-23.FIメイングループ分類別 〃(伸長率上位40、累計)
  C-2-24.FIサブグループ分類別 〃(公開件数上位40、累計)
  C-2-25.FIサブグループ分類別 〃(伸長率上位40、累計)
  C-2-26.FI分類別公開件数の推移(公開件数上位40、累計)
  C-2-27.   〃(伸長率上位40、累計)
  C-2-28.Fタームテーマコード分類別公開件数の推移
                  (公開件数上位40、累計)
  C-2-29.   〃(伸長率上位40、累計)
  C-2-30.Fターム分類別公開件数の推移(公開件数上位40、累計)
  C-2-31.   〃(伸長率上位40、累計)

 C-3.分類別発明者数
  C-3-1.FIサブクラス筆頭分類別発明者数ランキング(上位50)
  C-3-2.FIメイングループ分類別  〃(上位50)
  C-3-3.FIサブグループ分類別  〃(上位50)
  C-3-4.FI分類別  〃(上位50)
  C-3-5.Fタームテーマコード分類別  〃(上位50)
  C-3-6.Fターム分類別  〃(上位50)
  C-3-7.FIサブクラス筆頭分類別新規発明者数の推移
             (公開件数上位40、累計)
  C-3-8.  〃(伸長率上位40、累計)
  C-3-9.FIメイングループ分類別新規発明者数の推移
             (公開件数上位40、累計)
  C-3-10.  〃(伸長率上位40、累計)
  C-3-11.FIサブグループ分類別新規発明者数の推移
             (公開件数上位40、累計)
  C-3-12.  〃(伸長率上位40、累計)
  C-3-13.FI分類別新規発明者数の推移(公開件数上位40、累計)
  C-3-14.  〃(伸長率上位40、累計)
  C-3-15.Fタームテーマコード分類別新規発明者数の推移
             (公開件数上位40、累計)
  C-3-16.  〃(伸長率上位40、累計)
  C-3-17.Fターム分類別新規発明者数の推移(公開件数上位40、累計)
  C-3-18.  〃(伸長率上位40、累計)

 C-4.分類別展開
  C-4-1.FIサブクラス筆頭分類別出現・消失状況(上位40)
  C-4-2.  〃(最近40))
  C-4-3.FIメイングループ分類別出現・消失状況(上位40)
  C-4-4.  〃(最近40))
  C-4-5.FIサブグループ分類別出現・消失状況(上位40)
  C-4-6.  〃(最近40))
  C-4-7.FI分類別出現・消失状況(上位40)
  C-4-8.  〃(最近40))
  C-4-9.Fタームテーマコード分類別出現・消失状況(上位40)
  C-4-10. 〃(最近40))
  C-4-11.Fターム分類別出現・消失状況(上位40)
  C-4-12. 〃(最近40)
  C-4-13.FIサブクラス筆頭分類の技術開発ポジション(上位40)
  C-4-14.FIメイングループ分類の 〃(上位40)
  C-4-15.FIサブグループ分類の 〃(上位40)
  C-4-16.FI分類の 〃(上位40)
  C-4-17.Fタームテーマコード分類の 〃(上位40)
  C-4-18.Fターム分類の 〃(上位40)
  C-4-19.FIメイングループ分類別公開件数占有率(公開件数上位20)
  C-4-20.FIサブグループ分類別 〃(公開件数上位20)
  C-4-21.Fターム分類別 〃(公開件数上位20)

 C-5.特定2FIサブグループ分類の分析
  C-5-1.FIサブグループ分類1位G06F3/12の出願人別公開件数ランキング
  C-5-2.FIサブグループ分類2位B41J3/04の 〃
  C-5-3.FIサブグループ分類1位G06F3/12の出願人別発明者数ランキング
  C-5-4.FIサブグループ分類2位B41J3/04の 〃
  C-5-5.FIサブグループ分類1位G06F3/12の技術開発ライフサイクル
  C-5-6.FIサブグループ分類2位B41J3/04の 〃
  C-5-7.FIサブグループ分類1位G06F3/12と他分類との相関関係(上位20)
  C-5-8.FIサブグループ分類2位B41J3/04と 〃(上位20)

 C-6.特定2 Fターム分類の分析
  C-6-1.Fターム分類1位5C122HB01の出願人別公開件数ランキング(上位5)
  C-6-2.Fターム分類3位5B021AA01の 〃(上位2)
  C-6-3.Fターム分類1位5C122HB01の出願人別発明者数ランキング(上位5)
  C-6-4.Fターム分類3位5B021AA01の 〃(上位2)
  C-6-5.Fターム分類1位5C122HB01の技術開発ライフサイクル
  C-6-6.Fターム分類3位5B021AA01の 〃
  C-6-7.Fターム分類1位5C122HB01と他分類との相関関係(上位20)
  C-6-8.Fターム分類3位5B021AA01と 〃(上位20)

D.共同出願人分析
 D-1.共同出願人別公開件数ランキング(上位50)
 D-2.共同出願人別発明者数 〃(上位50)
 D-3.共同出願人別公開件数の推移(公開件数上位40、累計)
 D-4.共同出願人別新規発明者数の推移( 〃 )
 D-5.共同出願人別新規FIメイングループ分類数の推移( 〃 )
 D-6.共同出願人別公開件数占有率(上位20)
 D-7.共同出願人(上位20)とFタームテーマコード分類(上位2)
    との公開件数相関
 D-8.共同出願人(上位20)とFIメイングループ分類(上位20)
    の公開件数相関
 D-9.共同出願人(上位20)とFターム分類(上位20)との公開件数相関
 D-10.共同出願人別参入・撤退状況(最近40)
 D-11.共同出願人別公開件数の伸びと1位Fタームテーマコード分類5B021に
    関する構成率比較(上位20)

2.パテントチャート編
 (1)日立ディスプレイズの時系列チャート分析(2006年~2010年)
 (2)東京工業大学の時系列チャート分析(2006年~2010年)
 (3)日立ディスプレイズの上位3FIメイングループ分類と上位3発明者の
   マトリクスチャート分析(2006年~2010年)
 (4)東京工業大学の上位3FIメイングループ分類と上位3発明者の
   マトリクスチャート分析(2006年~2010年)

3.総括コメント

<参考資料>
【資料1】出願人統合リスト
【資料2】パテントマップ・パテントチャートの種別と見方
【資料3】パテントマップ Viewer(添付ソフト)の使い方


納得できる割引 「キャノン(2011年版)」技術開発実態分析調査報告書-経営戦略・管理

792: Papillon Dress レディース 投稿日:2012/11/05(月) 14:39:17.52

大見 E型ホールカッター 90mm E90 (104-6799) 《ホールカッター》

納得できる割引 「キャノン(2011年版)」技術開発実態分析調査報告書-経営戦略・管理

Morello Dress レディース
遺産を独り占めされる!!!ってはりきりだした。
自分は散々同居イヤイヤって言って、トメが入院したときも全スルーだったくせに。
都合がいいときだけ長男教、それ以外は「私は○家の嫁じゃなくて△男さんの妻だから(ドヤァ」

5/2-5/6は休業期間/出荷等は5/7以降 ダイニングチェア HOC-711BE【チェア】

トメは上辺に騙される人じゃないんで絆される事も無く、1週間ほど経った頃に
「私は次男家に厄介になっている身。次男家に迷惑になるから用も無く来るな」と
びしっと言ってくれた。
レイチェルコーミー Fever Dress レディース

ボッシュ 2X4コア カッター130mm P24-130C (733-0901) 《ホールカッター》

納得できる割引 「キャノン(2011年版)」技術開発実態分析調査報告書-経営戦略・管理

949: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/11/11(日) 22:11:16.68
Olcay Asymmetrical Dress レディース

義実家は息子三人のトメが女帝として采配振るってる
5/2-5/6は休業期間/出荷等は5/7以降 ディア DEA-222A【ソファ】
義弟嫁の性格がよくわからないから迷う

ロブテックス (エビ) 超硬ホルソー 60mm HO60G (331-5100) 《ホールカッター》